流れについて

ネット時代に実現した激安サービス

チラシ印刷といえば、基本的には印刷会社に連絡をして、営業マンと内容の打ち合わせをして、見積もりを取り、正式に発注して印刷するという一連の流れに沿ってつくられるものである。 しかし、その打ち合わせや交渉の手間賃も制作費に加算されてくるため、なかなか激安というわけにはいきにくい。数社に同時に声をかけて、同じ仕様で相見積もりを取れば、いくぶん価格を抑えることはできるだろうが、それでも激安にはなりにくいのが実情である。 ところがネットの時代になり、チラシ印刷の世界も大きく変わってきた。 旧態依然としたチラシ印刷を続ける印刷会社を尻目に、新しい印刷会社が次々とネット上で注文を取り始めたのである。各社のホームページを開くと、必要な項目を選択していくだけで簡単に発注できる仕組みになっており、営業マンと打ち合わせをする必要がない。その分、スピーディーに激安で発注することができるのである。 これまでの印刷会社の常識では、こういう形で激安チラシ印刷を提供することなどとても考えられないことだった。今後は印刷ビジネスのあり方や、印刷業界の勢力図も大きく変わっていくと考えられる。

ネットでチラシ印刷を申し込む際の注意点

ネット上で提供される激安チラシ印刷のサービスはとても手軽である。しかし上手に活用しなければ、満足のいくチラシ印刷は実現できない。 まず大切なことは、どのようなチラシ印刷を望んでいるのか、こちらの目的や意図が明確であることだ。 従来のように営業マンを介して発注する場合は、こちらの意図がそれほど明確でなくても、営業マンが専門家の視点で的確なサゼスチョンをし、漠然と抱いていたイメージを明確化してくれた。 ネットでのチラシ発注は、そうしたサービスが割愛されているがゆえに激安であることを意識して、あらかじめ明確な出来上がりイメージを描いた上で発注しなければならない。 いずれにしても、激安チラシ印刷の登場は、時代の変化、とりわけネットが世界に及ぼしたインパクトの大きさを強く実感させられる事例といえる。