立て看板の魅力

立て看板で店舗をアピールをする

飲食店や雑貨店など、利用したことがない店舗に入る際の決め手になるのは、その店舗が取り扱う商品の種類や価格帯、飲食店であれば店内の雰囲気やサービス内容等が、自分の興味と合うかどうかです。店の前に立て看板があれば、これらの情報を事前に知ることが出来て、お客側からすれば非常に便利でありがたいです。立て看板がないと、ややもすると入りづらい印象を与えてしまうこともあります。立て看板を設置することによって、店舗側は、お客さんをいつでも歓迎しているという姿勢を表すことにもなります。立地条件によっては、立て看板を簡単に設置出来ない場合もありますが、その場合でも、別の手段にて、どのようなコンセプトの店舗なのか、情報を発信する必要があります。

効果的なアピール方法とは

店舗の存在をアピールするための立て看板の種類はさまざまですが、業種や店舗の外装に合わせて選べばよいです。一般的な立て看板は、2枚の板の一辺をちょうつがいなどでつないだもので、それのみで自立するタイプです。このタイプであれば、閉店時は折りたたんで収納することが出来るので便利です。但し、立て看板の重量が軽過ぎる場合、風に飛ばされて倒れてしまう可能性もあります。立て看板が飛ばされてしまうと、広告効果がなくなるだけでなく、通行人に当たってしまうなどの事故にもつながりますので、ある程度の重量を確保するか、紐等で何かに固定する必要があります。また、夜間営業する場合は、立て看板にライトを照らすか、予め蛍光灯などが内蔵されたタイプを選ぶと、視認性が確保でき、効果的に店舗をアピールすることが出来ます。